スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年10月05日

『そしてもう後には退けない』

10月前半のデスマーチを粛々と歩んでいます...
(ヽ´ω`)
日付を遡ってコソーリ投稿していきます。
最近の投稿記事の一覧はコチラから。

色々葛藤があったのですが、HK417の 1/1 Propは、最終的に VFC製の GBB 20インチモデルを調達することにしました。
Webで拾ったこの画像が決め手に。
スコープ付いてるだけでこのカッコ良さ。



HK416についてはVFC製の電動と、WE製のGBBを持っているのですが、お座敷シューターとして圧倒的に GBBの方が満足度が高かったので、HK417も GBBにするコトにしました。
今回は twitterで時々遊んでもらっている知人から、物凄くありがたいご提案をいただいたのでご厚意に甘えてます。

GBB HK417はマガジンのカート表現が悩みの種だったのですが、Azimuth製のシールでそちらも解決しました。(ステマ)



これでまた一つ新しい沼に脚を踏み込んだワケですが、せっかくなので泥まみれになって楽しみたいと思います。
(`・ω・´)シャキーン

まずは ARMA3で HK417への想いを高める所存。



過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(2)ARMA3

2014年10月03日

『何インチが自分の理想なのか』

10月前半のデスマーチを粛々と歩んでいます...
(ヽ´ω`)
日付を遡ってコソーリ投稿していきます。
最近の投稿記事の一覧はコチラから。



ARMA3で 『Operation Thunder』の改変を色々試してます

基本的には 『Zero Dark Thirty』の雰囲気を目指しているので、主装備は現代の Navy SEALsで HK416。




しかしながら敵 CAST(イラン軍)は、ARMA3が近未来設定した 2035年仕様の装備のまま。
ボディアーマーやヘルメットが強力すぎて、HK416の5.56mm弾では威力不足は否めません。
そこで 7.62mm弾のHK417を試してみたところ、コレが中々良い感じ。



HK417と言えば、Ghost Recon Future Soldierでもアサルトライフルとして選択できたのですが、当時は ACRの方に魅力を感じてほとんど使うことはありませんでした。




元々 HK417がメディア露出した頃にはアサルトモデル(12インチ)のフォルムが好きだったので、1/1 Propを用意する時も 12インチモデルにしようと思っていたのですが...
ARMA3、Ghost Recon Future Soldier共に、登場しているのは 16あるいは20インチバレルのロングRAS仕様なんですよね。
(どちらのゲームも RECONの 16インチ、Sniperの 20インチモデルのどちらかを任意で選択可能)




冷静に考えると、1/1 コレクションとして持つならすでに5丁持ってる HK416ファミリーと差別化するためにも、RECONの 16インチか、Sniperの 20インチがいいかと思うようになりました。

手持ちに 1/6の HK417があったので見てみると、やはり長物。




1/1の HK417については、みなさんご承知のように VFC製で電動とガスブローバックが商品化されており、バレル長もそれぞれ再現可能になってます。
何インチにすれば一番満足できるのか...悩みどころです。
(ヽ´ω`)

過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(2)ARMA3

2014年09月20日

『1つずつ課題をクリアしていく』

また少々立て込んで更新をお休みしました。
日付を遡ってコソーリ投稿していきます。
(ヽ´ω`)
最近の投稿記事の一覧はコチラから。

さて最近メチャハマっている ARMA3。
お気に入りのユーザーメイドのシナリオ『Operation Thunder』を自分好みに改変するプロジェクトを進めています。
シナリオの基本的な内容はコチラでご紹介しています。



これまでに実施した改変は、
1. Playler陣営を 2035年のNATOから現代のNavy SEALsに変更
2. HK416や GPNVG18ナイトビジョンのアドオンを投入し、『Zero Dark Thirty』風装備に変更
3. 米海軍の作戦らしく、F/A-18Fの近接航空支援を再現

これをさらにブラッシュアップしてみます。

この『Operation Thunder』ミッションの Navy SEALsは、自分が指揮するブラヴォーチームと別に、全員AIのアルファチームが5人登場します。
(ブラヴォーチームは UH-80 Ghost Hawk、アルファチームは MH-9ハミングバードヘリで作戦地域に展開)




AIが指揮するアルファチームは、Playerのブラヴォーチームとまったく連携することなく、敵が待ち構える市街地に正面から突っ込んでいきます。



ARMA3では視界が通らないと、自分のチーム以外のユニットは例え味方であっても位置が判らないようになるため、市街やブッシュの濃い平原を移動する間に、毎回アルファチームを見失ってしまっていました。

必死に後についていって、彼らの行動を観察してみました。
驚くべき事実が判明。



・アルファチームのチームリーダーは敵の攻撃があたってもダメージを受けない不死身モードだった
・アルファチームの他のメンバー4人は、救出目標のPilot潜伏地点に到着する前に全滅
・アルファチームのチームリーダーは、Pilot潜伏地点の近くに到達すると消滅する設定

_人人人人_
>  消滅  <
 ̄Y^Y^Y ̄


確かにそもそも脱出用ヘリの UH-80はキャビンに 8人しか乗れないのに、Playerのチーム5名+救出した Pilot2名でほぼ満席。




どう考えてもアルファチームは最初っから全滅前提のシナリオデザインだったようです。
2名の友軍ヘリ Pilotを救出するために SEALs 4人がKIA、チームリーダーが MIAでは、シナリオをクリアしても救出作戦としては大失敗としか言えません。
(ある意味このシナリオの元ネタ、Black Hawk Downのテイストに忠実と言えますが)

そこで今回、大幅なシナリオ改変を実施しました。
シナリオの冒頭で LZにヘリが着地後に、Playerの指揮下にアルファチームを編入。



10人の大所帯になりました。
ARMA3では指揮下の任意のメンバーを組み合わせてチーム分け出来るので、元から部下のUnit2~5を Team RED、Unit6~10を Team GREENに設定。



今までのように AIのアルファチームを囮にして敵がそちらに集まっている隙に、迂回ルートから Pilotを救出して脱出することが出来ないので、シナリオのクリアには大変な困難が予想されますが、SEALsのメンバーに死傷者を出さずに慎重に作戦を進める練習をしたいと思います。

当然脱出用ヘリの座席が足りなくなるので、2機の UH-80 Ghost Hawkが救出に来るように設定しました。



生存しているユニットが全員どちらかの UH-80に乗ったら離陸するように UH-80を設定するのが大変でしたが。

F/A-18Fの空爆と、その後短時間の CASを行わせたり、色々調整中のバージョン(冒頭6分)


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)ARMA3

2014年09月18日

『これが最後の1個』

だといいよね。
(`・ω・´)シャキーン
最近の更新記事一覧はコチラから。

ARMA3で GPNVG18ナイトビジョンが本格的に使えるようになったので、1/1 Propのヘルメットにも専用の NVGマウントアームのレプリカを用意しました。
(これまでは Medal of Honor: Warfighterの マルチカムヘルメットと共有してたのです)



これまでにFMA製とエマーソン製を2個ずつ入手していました。
個人的にはFMA製の方が金属パーツが多くて好きなのですが、現在 ARMA3の Propに使用しているヘルメットだと、FMA製マウントは基部をヤスリで削らないと装着できません。
(というかFMA製マウントはFMA製ヘルメットにもそのままでは付かない事が多い謎仕様)

使い回していたエマーソン製は複数のヘルメット(エマーソン、NB)でポン付け出来ているので、今回は員数合わせという事もあり安易にエマーソン製を導入しました。



今回の個体はエマーソン製だけでなく FMA製ヘルメットにもそのまま付きました。




幅を詰めた FMA製マウントもエマーソン製・FMA製ヘルメットのどちらにも付くので、手持ちのヘルメットの全てでNVG環境は使い回せます。



手持ちのGPNVG18レプリカは Spartan Airsoft DX、Spartan Airsoft STD x2、FMA x2。
ヘルメットは上の3個がマリタイム、下は左がバリスティック、右がカーボン。



AN/PVS-15と AN/PVS-18のレプリカもどのヘルメットのマウントにも装着できるように擦り合わせ済み。



AN/PVS-15もそのうちにARMA3に実装されそうです。



夢広がり財布縮まる秋
(`・ω・´)シャキーン

過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(6)ARMA3

2014年09月16日

『F/A-18F投入』

そんなワケで、ARMA3を2035年のトンデモ未来から現代戦にシフトする野望を進めてます。
(`・ω・´)シャキーン
ユーザー製作によるアドオンについては、ヘルメット以外はほぼ構成が決定しました。
最近の更新記事はコチラから。



ARMA3 Scenario "Operation Thunder" with Navy SEALs Mod NO REVERT


ゲームメーカー提供のキャンペーンミッションは大変残念な出来で終わってしまったため、現在遊んでいるのはユーザーコミュニティで作られた単発シナリオ。
メーカー提供のものと比べても遜色が無いシナリオをいくつか見つけ、2035年のNATOから現代の Navy SEALsに置き換えるシナリオ改造を実施しています。



これまでに何度かご紹介していますが、個人的にイチ押しなのは、Reaper One氏製作による『Operation Thunder』
元々は映画 『Black Hawk Down』をモチーフにした、敵地に墜落したUH-80ヘリPilotの救出がテーマのシナリオ。

これを Navy SEALsを主人公にした映画的演出を加えたシナリオへ改変を進めています。

【これまでに実施している変更】
・救出部隊の所属・装備を2035年のNATOから、現代の Navy SEALsに変更
・冒頭の味方爆撃機を米海軍の F/A-18Fに置き換え
・救出部隊のAIは高スキルに設定(特殊部隊効果)
・敵AIのスキルは全般に中-低スキルに設定

(何しろ9名の救出部隊に対して、待ち受ける敵はこんな数なのです。※赤のマーカーが敵兵)



・オリジナルのシナリオに組み込まれたBGMを、BHDのサントラからARMA3の音源に変更
(YoutubeにPlay動画をアップする際に怒られるので)

これだけでもある程度、目指している雰囲気を獲得できているのですが、このシナリオを小説や映画のストーリーとして捉えると、B級ハリウッド戦争映画並みに不自然な点に気づきます。

・敵部隊は誘導ミサイルはおろか RPGも持たない歩兵のみで、軽車両すらいないのに、誰が問題のUH-80を撃墜したの?

・交戦エリアには200人を越える敵勢力がいるのに、僅か9名の救出チームが日暮れを待たずにヘリボーンで突入する理由は?

・救出チームを展開させたあと、UH-80とリトルバードが上空から支援しない

・救出チームが墜落現場から300m位のポジションに到達するまで、AH-99 Blackfoot戦闘ヘリが援護に来ない

・墜落したヘリのPilotと合流後、脱出用ヘリに乗るのはPlayerのブラヴォーチームとPilotのみ。アルファチームはどうなっちゃうの?

・敵部隊はイラン軍で、2035年装備のままだけどいいの?




まあ、実際の戦場でも非合理的な作戦が目白押しなので、これ位の不自然さは許容範囲なのかもしれませんが...
『こうすればもっと楽しい(ワタシが)』をモットーに、シナリオに改変を加えてより映画的な展開・設定を用意してみたいと思います。

今回は以下で脳内設定してみました。

---------------------------脳内設定ここから
・アルティス島に侵攻した敵軍は空挺部隊を主力としており、多数の空挺装甲車両が展開した。
NATO地上戦力は敵地上兵力に抗いきれず、再編成のため島外に撤退。

・激しい制空戦の結果、NATO空軍と敵空軍の双方が大半の航空戦力を失って再編成中。

・NATO空軍と敵空軍による空爆で、敵味方の装甲車両の大半が失われた。

・UH-80 Ghost Hawkは兵員撤収任務に就いていたが、敵装甲車両から攻撃を受けて市街地に不時着した。

・今回、Pilot救出作戦に投入された Navy SEALsは、戦力の再編成のためにエーゲ海に投入された米海軍空母から出動。

・作戦開始にあたっては、まず空母から F/A-18部隊が出撃し、作戦エリア全域に渡ってSEAD(サーチ・アンド・デストロイ)を実施。
F/A-18は敵装甲車両の大半を破壊した後、SEALsのヘリボーン作戦を支援すべく湾周辺で周回待機中。



※このF/A-18はユーザー製作のアドオンです

▶ ここでミッション開始 ◀

LZ(ランディング・ゾーン)に接近したGhostHawkとハミングバードは LZ北側に敵装甲車両を確認。





F/A-18FにCAS(近接航空攻撃支援)を要請。



ヘリは着陸して SEALsを展開させ、LZに赤いスモークを投下。



F/A-18Fが急行し、敵装甲車を捕捉。




敵装甲車が反応するも、F/A-18Fがマーベリック対地ミサイルで先手を取る。





敵装甲車を排除。








SEALsは敵装甲車両の破壊を確認後、墜落地点に移動を開始。



本来はこのタイミングでAH-99 Blackfoot戦闘ヘリがCAS(近接航空攻撃支援)を引き継ぐ予定だったが、ヘリ空母からの出撃に手間取り、作戦エリアには約20分前後遅れて到着予定。



---------------------------脳内設定ここまで

【以下検討中】
UH-80とリトルバードがSEALs展開後、上空から支援させるかどうか。
 また墜ちても困る
し。

アルファチームの4人は市街に正面から突入してほぼ全滅するパターンなので、Playerのブラヴォーチームに随伴させるなど試してみたい。
 ※脱出用のUH-80の席は一つしか余ってないので、生存させるとしたら別のヘリが必要。
 上記の参考 Play動画では、アルファチームのチームリーダーが奇跡的に目標地点まで到着してPlayerと合ってます。
 (30:00前後に敵と間違えて危なく倒すところ)

・そもそも敵勢力がイラン軍でいいかどうかも含め、味方陣営と同様に、2035年から現代に置き換えを実施したい。
 (敵兵の数が多いので武装置き換えツールを使っても作業が大変かも。またゲームバランスを壊す恐れもアリ)

ミッションエディタ面白いです。
(ヽ´ω`)

過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)ARMA3

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE