スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年11月08日

『地味にパーツを奢る』



そんなワケで縁あって我が家に新たに配備されたARESのMSR338
微妙な塗装や傷問題も、リペイントで無事解決しました。



塗装に使用したチタンゴールドは Modern Warfare3を意識しての選択。



レミントン公式のMSR紹介3Dムービーの色合いに合わせることができました。
レミントン動画やMW3では、ストックの調整ダイヤルやレイルパーツも金色ですがそこは黒の方がアクセントになるので自粛。




Modern Warfare3のPropとして追求すると、スコープとスコープマウントの配色(現在はスコープが黒でマウントがDE。MW3は逆)が気になるところですが、この MSRは Ghost Recon Future Soldierの Propでもあるのでここはひとまず見送り。



代わりに、Modern Warfare3に登場する MSRの外観上の特徴、ATLASタイプのバイポッドを用意することにしました。




MSR338を手に入れた時点では、GG&Gタイプのバイポッドが付属しており、これはこれで非常に気に入っています。




Ghost Recon Future Soldierの Propとして楽しむ時にGG&Gタイプを使い、MW3の Propとして楽しむ時はATLASタイプに交換することにします。
(どっちも工具なしでワンタッチ交換できるので手軽)



思ったよりずっと仕上げが丁寧なモノが出てきてビックリしました。



ちょっと上等なカメラの3脚かと思う位にカッチリしてます。
仕上げが荒くて精度が低いハリスタイプのバイポッドレプリカに慣れてたせいかもしれませんが。



MSRのフロント下部の20mmレイルにバッチリ装着出来ました。





先日のACR に続いてMW3の Propを数年の時を越えてさらに充実させることができました。



...XM25出ないですかねぇ...


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  


< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE