2011年05月04日

EMSにて待望のアイテム到着

さて先日海外のShopに注文していた、ICS社製のSIG552用30連デザインマガジン。(BB弾は50発装填可能)
本日EMSで到着しました。

画像の左がマルイ純正ダミカ入り20連タイプマガジン、中央が中華製(メーカー忘れました)ダミカ無し30連タイプマガジン、そして右が今回入手したICS社製のダミカ入り30連タイプマガジンです。



ICSのは30連タイプとしては気持ち長すぎな気もしますが、M16用の20連タイプと30連タイプの長さの違いを考えれば何とか許容範囲だと思います。
実銃写真ではこんな感じ。



やはりダミーカートが入っているだけで雰囲気的には遥かに良いです。
あれ...でも...何か違和感が...
そう。薬莢と弾頭が全て金メッキなのです。




これではいくらなんでも萎え萎えです。
筆塗りの手仕事ニッポンでダミーカートの弾頭を銅色に塗装します。




入手した4個のマガジンの全てのダミーカートをブラッシュアップ。



こんな感じになりました。




画像左がICSの30連タイプ、右がマルイの20連タイプを装着したSIG552です。



そもそも、SIG552のPropを持つきっかけとなったFPSゲーム Rainbow Six Vegasシリーズの3Dモデリングは実は角度によって20連マガジンに見えたり、30連マガジンに見えたりしてました。
まあゲーム中の1マガジンの装弾数は30発なのと、グリップよりも長いので、30連タイプのマガジンと解釈して導入に至った訳です。



今回のICS製マガジン、ダミーカートより下の部分はマガジンスプリングの再現はなく普通に送弾ルートとなっているのですがBB弾が入っていてもほとんど分かりません。



フラッシュを焚いて撮影してかろうじて見えるレベル。




ちなみにマガジンフォロアーがこの形状なので、マガジン内の最後の1発まで撃ち切れるのが非常に嬉しかったり。



先日のガンラックの欠品ボルトの販売店対応は多分連休明けになりそうです...


これまでの投稿はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★物欲警報★
WE SCAR-L オープンボルト版(まさか2丁持ちになるとは)
マルゼン M870ショットガン(気持ちよくシャコシャコしてます)
ARES(STAR) Mk46固定ストック版(気分はRainbowのマイケルですのよ)
落ちにくい動画サーバー(現在heteml.jpを試用中)





同じカテゴリー(電動長モノ)の記事画像
『弱り目にたたり目』
『ドナドナの部屋第2弾・マリンコな方に』
『MAGPUL 天国』
『遂にコンプリート』
『M14の帰還』
『やっと入手の予備マガジン』
同じカテゴリー(電動長モノ)の記事
 『弱り目にたたり目』 (2013-12-19 23:59)
 『ドナドナの部屋第2弾・マリンコな方に』 (2013-11-11 00:00)
 『MAGPUL 天国』 (2013-10-23 00:00)
 『遂にコンプリート』 (2013-05-02 21:47)
 『M14の帰還』 (2012-10-12 23:27)
 『やっと入手の予備マガジン』 (2012-07-04 23:57)

Posted by 壁│' *)〆  at 23:58 │Comments(2)電動長モノ

この記事へのコメント
ICSの30連型マガジンは実物のそれより長いです( ;´Д`)
ダミーカートの塗装、参考になりました(^∇^)
Posted by 傭兵 at 2012年09月25日 07:33
>傭兵 さん

どもです。

やっぱり長いですよね...
マルイが出してくれないものか。
Posted by 壁│' *)〆壁│' *)〆 at 2012年09月25日 23:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ

アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE