スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年11月26日

『なぜ今買ったし』

以前痛めた背中をまたやらかしてしまいました。
『もきゅっ』て言ったよ 『もきゅっ』て。
_(   _ *`ω、)_

HK417は完成しました!
HK416も完成しました!
1/6 Zero Dark Thirty SEAL Teamも完成しました!
もう戦わなくていいんだバーニィ!



最近の記事一覧はコチラから。

衝動買いしてしまったペリカンロングケース1750。
ウレタンフォームの仕様の件は、『Web掲載時の表記間違いでした』と代理店から謝罪メールが来ました。



中間層のスペアウレタンフォームを入手したいと思ってますが...他に色々出費の予定が出てきたのでチョット様子見です。
(理由は本日の記事最後に)



さて昨日もご紹介しましたが、手元のトイガンやアクセサリの棚卸しをコツコツと始めました。
それに合わせてTwitter 『一日一銃・人類みなミリオタ』と称して、棚卸ししたトイガンを毎日1丁紹介する企画を始めてます。

4丁目の今夜はSRC製の電動 XM-8を紹介しました。



XM-8を選んだ理由は、先日ヤフオクで 1/6 XM-8の出物があったので、我が家の Ghost Recon Advanced Warfigherの Prop用に調達したため。




最近の 1/6 HK416などに比べると、まったく無可動で面白みが無いのですが、外観は見事に XM-8です。
ハイダーがG36タイプだったり、色も明るいブルーなので開発中のXM-8のモデルアップの模様。




手持ちの 1/6 Ghost Team Leaderに持たせてみました。







やっぱり HK416に比べると未来感ハンパありません。



ちなみに米軍採用モデルはこんな感じ。(後にコルト社の根回しで米軍は採用を撤回)



我が家の1/1 SRC製 XM-8は塗装とハイダー交換を施して、米軍採用モデルっぽくしてあります。
※詳細はコチラの記事




こうやって、毎日一丁ずつ紹介するトイガンの埃を払い、バッテリーを充電し、錆を落としてメンテナンスする。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

※発動中の物欲※
マルイの電動でMP7A1を1丁持っているのですが、複数のバリエーションを同時に再現したくなってきました。
(今はコンパチブル)



リアルサイズには拘らず、マルイ電動か KSCまたはVFCのガスブローバックの中古を買いたいと思ってヤフオクを探していましたが、KSC製の初期モデルをお譲りいただける見込みです。

サイレンサーとPEQ15のレプリカ、スリングを買わなくちゃです。
スリング何がいいかなー。
\( ˙-˙ )/
過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 00:26Comments(0)Ghost Recon Advanced Warfighter

2013年09月30日

『屍累々』

この所ずっと Medal of Honor: Warfighterばっかなので、久しぶりにミッチェル大尉として Ghost Recon Advanced Warfighterシリーズを遊ぼうと思い立ちました。
(なぜ新作の Ghost Recon Future Soldierじゃないんだよという突っ込みは置いといて)

 Ghost Recon Advanced Warfighter 1 "VIP2 is down"


となればPropはやはり SCAR-Lであります。



数あるSCAR-Lの中からWEのGBBをガンラックから取り出して...アレ?
マガジン死んでます。
基本的にガスブロマガジンは半分くらいガスを充填した状態で保管していたのですが...

でもそのための予備マガジン...アレレ!?
WEのHK416(クローズドボルト)とSCAR-L(オープンボルト)のマガジンがこんだけ死んでました。
ケースではなく注入バルブと放出バルブから盛大にガス漏れです。
タナカかよ!



心折れる初秋の夜。
_('、3」∠)_
どなたか修理の相談に乗っていただけないでしょうか...


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(2)Ghost Recon Advanced Warfighter

2011年11月19日

『たかが刻印されど刻印』

先日WEのHK416用にIRON社のM320グレネードランチャーを調達した事をご報告しました。
最初は限定のHK刻印入りM320を入手しようとしたのですが出遅れ、HK社刻印の無い通常バージョンを購入した訳ですが...

GRAW2ではまだXM320としての登場なので、無刻印でもいいかと思ったのですが...最入荷品を発見して結局こうなりました。





HK刻印バージョンはWEのGBB HK416に。
通常バージョンはスタンドアローン形態で使おうとしましたが、ストックのレイルの塗装がガリガリ剥げてしまうのでVFCの電動HK416へ。
スタンドアローンはストックのレイル塗装を一度剥離して、キャロムのブラックスチールあたりで再塗装しようかと。



HK416はPC用のFPSゲーム『Ghost Recon Advanced Warfighter2』のPropとして購入したものだったのですが、M320入手前のPlay動画ではベレッタRX-4装備でPlayしていたのを、M320入手後はHK416+M320に装備を変えて撮り下ろしたと言えばその喜びようが判ると言うモノ。
(ちなみにGRAW1ではSCAR-Lをキャンペーンの全ステージで使いました)


『Attack on multiple axes』ステージPlay動画(youtube)


『Codename Farallon』ステージPlay動画(youtube)


『The last stand』ステージPlay動画(携帯用Youtube)


コウ・ウラキ、聞こえるか...俺は後悔していないぞ。


これまでの投稿はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★物欲警報★
・フルタの食玩STARWARSビーグル
・STARWARS コレクターフリート
  SUPER STAR DESTROLYER
  STAR DESTROLYER
  ブローケッド・ランナー
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red2 ウエッジ・アンティルス専用機(期待したリニューアル要素はナシ)
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
  ベーシックフィギュアC3PO・レイア・ハン・チューバッカ・オビ・ワン・ケノービ・柔道着ルーク..etc
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
  X-wing Pilot仕様ルーク・スカイウォーカーの違いを知りたい...→知って深みに
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
UFCガンラック(やっと5個完成)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは)  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:00Comments(0)Ghost Recon Advanced Warfighter

2011年11月16日

『GRAW2はMODでどうぞ』

先日はPC用FPSゲーム『Ghost Recon Advanced Warfighter2』最終話をお送りさせていただきました。
この記事は最終回Play動画のご紹介前にあらかた作ってあったのですが、ネタバレになるので動画公開後の掲載とさせていただきました。

GRAW1、2は、共にPCとコンシューマ機とのマルチプラットフォームのタイトルです。



同様にマルチプラットフォームを採用したRainbow-Six Vegas、Vegas2ではコンシューマ機用、PC用共に、操作系を別にすればゲームの内容はシナリオはもちろん、グラフィック・音声などもほとんど同じ内容を楽しむことが出来ました。



しかしGRAW1、2についてはコンシューマ機は第三者視点ゲーム、PC用はFPSゲームで、ゲームシステムだけでなくシナリオやグラフィックなどまったくの別物として開発されました。

PC用のGRAWシリーズはスゥエーデンのGRIN社がゲームを開発しました。
GRIN社がステージシナリオや設定ファイルの製作に使ったxml言語は、Webサイトを作るオーサリングツールで編集可能なため、エンドユーザーによるMOD(拡張ソフト)制作が容易で、様々なMODが現在も提供されています。

私が用意している動画では、いくつかのMODの中から気に入った機能を抜粋して統合したMODを使用しています。
その過程で各ステージのシナリオの細かい仕様、イベントなどを調べることが出来たのですが...

ぶっちゃけて申しますと、Ghost Recon Advanced Warfighter2は未完成のままリリースされたソフトであります。

最終ステージではPlayer演じるGhostリーダー、ミッチェル大尉はメキシコ反乱軍の核ミサイルサイロの位置を特定。
スポッターとして米空軍のF-15E戦闘爆撃機を誘導します。



Play動画をご覧いただいた方ならご存知と思いますが、誘導爆弾が着弾するまでの30秒間の間に、爆発圏外まで脱出するイベントが最後に用意されておりました。



プログラムを解析すると、ミサイルサイロの基地から地上の倉庫へ通じる階段を時間内に駆け上がれば生還フラグ
間に合わなければ死亡フラグでバッドエンドという仕様になっていました。

ところが...用意されたエンディングは、階段の出口付近で爆発に巻き込まれて倒れるバッドエンド1種類のみ
生還フラグが立っていても死亡フラグ用のエンディングで終わるという...

『BAD Ending』(Youtube)




そうと知るまで、何度も何度も挑戦し、遂には階段はおろか倉庫の外の地上にまで脱出していても、強制的に階段の途中まで引き戻されて、爆発に巻き込まれるミッチェル大尉を見る羽目に。

数多くのバグと共に発売されたのも問題なのですが、開発の締め切りがよほど差し迫っていたのでしょうか。
大変残念な出来で発売されていたのでした。

後にバグ修正のパッチが何度かリリースされたものの、パッチが新たなバグを生んだりする有様で、(グレネードランチャーの予備弾が0発になる、Mapの特定の場所に行くとデスクトップに落ちるなど)当然ハッピーエンディングの追加など望むべきもありません。

しかし制限時間内に安全圏外に脱出しても爆発に巻き込まれるのはあまりにも理不尽

...ハッピーエンディング作るか...
ということで作成したのが先般のPlay動画でご紹介したワタシ版GRAW2最終話シナリオであります。

『Good Ending』(Youtube)

敵の配置やステージの難易度はそのままに、最後の階段での脱出フラグ判定で、生存フラグが立ったら無事に倉庫の入り口で主観視点のまま反乱軍の基地の崩壊を見守ることが出来るようにしました。




その後待機するGhostチームの部下と合流し、ローゼン中尉のBlackHawkに乗り込んで米国へ帰還の途に着く事に。
(実は最終話だけでなく、これまでの他のステージでも、ステージ終了時のムービーを主観視点を維持するようにしたり、前述したパッチにで生まれた新たなバグの修正などを行ったMODを使用してPlayした動画をご紹介しておりました)



色々バグを抱えた問題作ではありますが、選択銃器のセッティングや発射モードのセレクタ操作、マガジン交換、40mmグレネードの発射と装填動作、スコープやドットサイトの覗き込み動作など...個人的には未だにこのGRAWシリーズを越えるリアルな銃器操作感を再現してくれているFPSゲームは無いと思います。

制作会社のGRINはGRAW3を出す気満々で、我々も楽しみにしていたのですが...ターミネーター4のゲームがコケて解散
残念ながら続編の 『Ghost Recon Future Soldier』はコンシューマ機と同様の第三者視点のゲームへと...さらばGRIN。

しかしGRAW1、2共にX-BOX360版も遊んでいるので『Future Soldier』も楽しみにしていたりしております。
メタルギアっぽくなってしまった感は否定できませんが。



トム・クランシー監修の双璧をなすRainbow Sixシリーズの次回作、『Rainbow Six Patriots』 も期待が膨らみます。



でもしばらくはMW3のキャンペーンをやり込むと思います。
1週目は購入初日に終了しましたが、決してボリュームが足りないと言う意味ではなく、各ステージのシナリオの尺と次のステージへの導入が絶妙で、1ステージをクリアすると疲労を感じずに次のステージへワクワクしながら引き込まれた結果であります。

ユーリ、カッコいいよユーリ。

-------------------------------------------------------------------------------------------

※毎日更新を信条とする日記にも関わらず最近更新が途切れ気味。

先週末は仕事から帰宅後はほぼベッドから動けず。
作り置きコンテンツをタイマー投稿する余力も無く爆睡しておりました。
これではイカンと土曜日にはGRAW2の最終話を頑張って投稿したものの、日曜は反動でまたグッタリ。

火曜はひたすら時間を忘れてMW3を再Play(コラー!!

MW1のようにPlayerが前進しないと敵が無限湧きという事は無いのですが、MW2と同様に積極的に前に出て行くと交戦する敵が少ない内のイベント発生で弾薬の消費を抑えてゲームを進行させることができます。

そんな訳で失われた過去はコソーリと日付を遡って投下しておきます。
11/11(金)、11/13(日) 、11/15(火)


これまでの投稿はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★物欲警報★
・フルタの食玩STARWARSビーグル
・STARWARS コレクターフリート
  SUPER STAR DESTROLYER
  STAR DESTROLYER
  ブローケッド・ランナー
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red2 ウエッジ・アンティルス専用機(期待したリニューアル要素はナシ)
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
  ベーシックフィギュアC3PO・レイア・ハン・チューバッカ・オビ・ワン・ケノービ・柔道着ルーク..etc
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
  X-wing Pilot仕様ルーク・スカイウォーカーの違いを知りたい...→知って深みに
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
UFCガンラック(やっと5個完成)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは)  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:58Comments(2)Ghost Recon Advanced Warfighter

2011年11月12日

『最後の核の脅威を排除せよ』

今夜お送りするのは久々にホカホカのコンテンツ。
いや、ネタ自体は大変古いものですが。

GRAW1、2とお送りしてきたGhost Recon Advanced Warfighterシリーズも今回でいよいよ最終回。
Ghost Recon Advanced Warfighter2第10話 『The last stand』であります。



前回の『Codename Farallon』ステージ終盤で、メキシコ反乱軍の持つ最後の核弾頭の所在が判明。
リーダーを失い、パナマの傭兵部隊に実権を握られたメキシコ反乱軍の目的は、中距離弾道ミサイルに搭載して核弾頭を米国の主要都市のどこかへ撃ち込むことです。

米陸軍の 第7特殊作戦群Ghostチームは反乱軍のミサイル発射を阻止すべく、国境に近いエルパソの地へ急行します。




『The last stand』ステージPlay動画(PC用wmvファイル)
『The last stand』ステージPlay動画(携帯用Youtube)

エルパソ国境の米国側にはすでに退避命令が発せられており、国境警備隊も撤退しています。
国境に掛かっている橋は、両側の検問所が米国側・メキシコ側共にメキシコ反乱軍の制圧下にあります。



この国家の緊急事態に対応できるのは、米陸軍第7特殊作戦群、Ghostチームのみ。
(うん。色々無理があると思いますがこのステージの無茶苦茶さはまだまだこんなモノではありません)

作戦はこうです。
1. 国境両端をメキシコ反乱軍に制圧されている橋の真ん中に白昼ラペリング降下
2. 橋の真ん中から米国側の検問所に向け前進してこれを制圧。
3. 橋のメキシコ側の検問所から、反乱軍が多数の兵力を送ってくるのでこれを迎撃
4. 反乱軍の猛攻を撃退したら橋を戻ってメキシコ側検問所を制圧
5. 検問所を制圧したら、近隣の倉庫に隠されている核ミサイルの発射サイロを捜索
6. 発見したらスポッターとして空軍の戦闘爆撃機を誘導
7. 核ミサイル発射サイロを爆撃させて核兵器を無効化する。

...これ考えた奴、軍法会議モノの無能だと思います...

Playerことミッチェル大尉には、今回もHK416にAimpoint&M320を装備させます。



ベイズリー軍曹はベレッタRX-4にCombatSightとグレネードランチャー。



ヒューム軍曹にはバレットM-99



ラミレス軍曹にはSCAR-LにACOG TA01とEGLMグレネードランチャー



このステージでは嫌らしい位の伏兵が多数配されているのですが、ヒントはステージのオープニングに流れるアニメーション...このカメラのフライパスで覚えろと?



BlackHawkはガトリングガンで派手に反乱軍の注意を引きながら、橋の中央でGhostチームをラペリング降下させます。
Playしたことがある方なら覚えていらっしゃると思いますが、Playerが降下時に一定の対策というか行動を取らないと、部下のAIが下手するとラペリング降下中や降下直後に蜂の巣になって全滅するという鬼仕様。






今回のPlayでは全員無事に降下させることができました。



BlackHawkは上空支援するでもなくとっとと離脱



Ghostチームの孤独な闘いが始まります。



まずはとにかく米国側の検問所の敵兵をひたすら遠距離狙撃して排除。






敵を排除して一気に検問所へ取り付きます。



部下の3人のAIに、それぞれ重機関銃座をあてがってメキシコ反乱軍の反撃に備えます。
突進してくる多数の兵士とVBL装甲車へ交戦開始。







敵の猛攻を阻止した時点で、キーリング将軍から増援を与えられます。
女性Pilotが操縦するF-15Eの上空支援と、BlackHawkで投入される2名の海兵隊員
(シナリオの不備からなんとF15Eに支援要請できず。ただの飾り)




そんな逆境に負けずに前進開始。
実はこのステージ、メキシコ側の国境に半端無い待ち伏せがあり、部下のGhostは割と不用意に立ち上がって走ったりして一発で倒されたりします。
申し訳ないけどリスク回避に増援の海兵隊員二人を随伴させて、部下のGhostにはずっと後ろからチョコチョコ付いてこさせることに。




伏兵との障害物越しの交戦中に、反乱軍の虎の子のハボック戦闘ヘリが飛来。
ZEUS誘導ミサイルで一気に撃墜します。






車の残骸に紛れた伏兵や重機関銃座を一つ、また一つと排除して前進を続けます。




メキシコ側国境はやはり大変な数の狙撃兵や伏兵が。
画範囲ギリギリ一杯の距離から敵兵を狙撃して、極力反撃される事無く排除していきます。



なんとゲートの向こうに反乱軍のM1A1エイブラムス戦車を視認。
ZEUSミサイルはすでにハボック戦闘ヘリに使用しているので、F-15Eに空爆を要請します。




爆撃成功。



誇らしげにフライパスするF-15E。



形勢不利と見たメキシコ反乱軍は、迫撃砲でGhostチームの足を止めようとします。



一気にダッシュして検問所へ到達。生き残りの警備兵を倒します。




ミサイルサイロの守備隊から増援のVBL装甲車が。
M320グレネードランチャーで同乗している兵員ごと排除します。





Ghostチームの部下達と合流
メキシコ反乱軍のミサイルサイロがある倉庫エリアへ向かいます。




BlackHawkのローゼン中尉から倉庫周辺の守備隊の配置情報が到着。
高射砲による精密爆撃を要請して守備隊の主力を減らします。




ミサイルサイトの異変に気づいたメキシコ反乱軍の増援に備え、Ghostチームの部下3人は倉庫の入り口を死守




ミッチェル大尉が単独で反乱軍の地下要塞を制圧します。
(うん、猛烈に無理があるシナリオだと思います)











遂に反乱軍の核ミサイルを発見。
サイロの守備兵を掃討してキーリング将軍へ報告します。





EMP爆弾を搭載したF-15Eが急行しますが、精密爆撃を成功させるにはPlayerがスポッターとして直前までミサイルの所在を発信し続ける必要があります。





退路の通路を確保。
F-15EがEMP爆弾を投弾
爆弾の爆風圏外まで脱出するのに残される時間は三十数秒





Playerことミッチェル大尉は全力疾走で反乱軍の地下基地を脱出。
着弾前に倉庫の外で待機するGhost達と合流に成功します。



着弾
ミサイルサイトは完全に破壊され、地下基地の通路を通じて爆発が倉庫を揺るがします



サイロの上空には、発射口から吹き上がる炎が反乱軍の野望の終焉を示していました。



ローゼン中尉のBlackHawkがGhostチームをピックアップするために到着。
海兵隊が反乱軍基地残骸の掃討のため、倉庫内へ。






Ghostチームは誰一人欠けることがなくBlackHawkに搭乗



死闘を演じた国境を橋を眼下に見下ろしながら、祖国米国へ帰還の途に付きます。




今回のPlay動画では、様々なバグや未完成のシナリオなどを補正したMODを使用しています。
もし私の記事を見てGRAW1、2を購入して「あれ?何か違うぞ」と思われた方はこちらをご参照ください。





これまでの投稿はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★物欲警報★
・フルタの食玩STARWARSビーグル
・STARWARS コレクターフリート
  SUPER STAR DESTROLYER
  STAR DESTROLYER
  ブローケッド・ランナー
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red2 ウエッジ・アンティルス専用機(期待したリニューアル要素はナシ)
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
  ベーシックフィギュアC3PO・レイア・ハン・チューバッカ・オビ・ワン・ケノービ・柔道着ルーク..etc
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
  X-wing Pilot仕様ルーク・スカイウォーカーの違いを知りたい...→知って深みに
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
UFCガンラック(やっと5個完成)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは)  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:39Comments(0)Ghost Recon Advanced Warfighter

< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE