スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年11月12日

『タマ無しの始末記』

さて縁あって我が家に配備された ARES製 MSR338



Modern Warfare3 Ghost Recon Future Soldierの Propとして活躍させるため、リペイントやらカスタムパーツ投入やらで盛り上がる一方、ボルト部分のベアリングパーツの欠品に悩まされました。



皆様から色々アドバイスを頂き、2.5mmの鋼球を業販で買おうかと検討していたのですが、実は意外な展開で解決を見ました。

Modern Warfare3の Propとして完成度を高めるため、ストック調整ダイヤルや後付レイルをチタンゴールドで塗装したのですが、その後で何度か行なった分解・組み立ての際に大チョンボをやらかしました。

ストックの調整ダイヤルにクリック感を与えるための、ピンとスプリングを封入するイモネジを紛失したのです。



机の上からコロコロと転がって、床にポテッと落ちる音がしたのですぐ見つかると思いきや、我が家の床に巣食うブラックホールに吸い込まれたのか数平方メートルを封鎖して探しても見つかりません。

いつか見つかるとは思うので、それまでの代替に同サイズのイモネジを探しました。
するとWAのGBB、M4A1CQB-Rに付属していたと思われるLMTリアサイトの上下調整ダイヤル部分のイモネジがピッタリと判明。



...ココに入ってるクリック感用の鋼球、もしかして2.5mm径じゃね?

LMTリアサイトは刻印が入ったKingArms製レプリカを別に持っていたので、WAの M4A1CQB-Rに付属していたコレは最初っから使わずお蔵入りにしていたもの。

仮にどれかの銃に今後使うとしても、このリアサイトをゼロイン調整することはまず考えられないので、イモネジと鋼球を拝借して MSRのリカバリー用に使ってみることにしました。



...まさにビンゴでした。



イモネジでストック調整ダイヤルのピン&スプリングを封入し、鋼球はボルトのクリック感改善に見事成功。
何この達成感。
╭( ・ㅂ・)و ☆ グッ




イモネジを落として見つからなかった時には大層凹んだのですが、その失敗がなければボルトの鋼球問題も解決しなかったハズ。

【人生万事塞翁が馬】ってホントにあるんですね。
(`・ω・´)シャキーン

...でも本当は最初っから苦労がないのが一番だと思います...


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

2013年11月10日

『取り返しの付かないコトしてみたい』

漢なら無謀と判っていても前に進まなければならない時があります。
(`・ω・´)シャキーン



ご縁あって入手したARES製 MSR338

色々調べて判ったのは ARESのMSR338は現行のMSR



ではなく、初期の頃のMSR



がモチーフだったというコト。
その意匠は現在は XM2010に引き継がれています。



そしてワタシが再現したかったのは Modern Warfare3に登場した MSR。
(ステージの途中に不自然に落ちてたりせず、初期装備だったらもっと愛着が湧いてたと思うケド)



Modern Warfare3に登場した MSRは 配色やデザインからコンセプトムービーの物が一番近いようです。



そこでまず実施したのが銃本体のリペイント
ARES MSR338ユーザーの共通の悩み、レシーバーの無残な傷や残念刻印もこれで解決しました。
(メーカーがストックを折りたたんで出荷して、届くとストックがレシーバーに酷い傷を付けている)

ビフォー


アフター


次に実施したのは Modern Warfare3の MSRの外観上の特徴、ATLASタイプバイポッドの入手





これでかなり雰囲気は近づきましたが、悩む点が2点

まずは追加レイルとストック調整ダイヤルの色
ARESの MSR338はWEの GBB ACRと同様、追加レイルはDEではなくBKが付属。
ストックの調整ダイヤルもBKです。



個人的には丸々DEよりはアクセントにBKが所々に配されている方が好みなのですが...
しかし最大の目的、Modern Warfare3に登場した MSRのイメージに近づけるためには避けて通れない道です。



覚悟を決めて追加レイルと調整ダイヤルをチタンゴールドでリペイントします。





調整ダイヤルは回すとクリック感用のピン跡が絶対に円周状の傷となるのですが、そこはBK塗装の露出ではなく地のアルミが出るので目立たないはず。



塗装終了。



次に取り組む2点目の作業はスコープとスコープマウントのリペイント

今回MSR入手の際、前のオーナーから素敵なスコープとスコープマウントも一緒に譲っていただきました。
しかしこれはスコープがBKで、スコープマウントがDE。




個人的な趣味ではコッチの方が好きなのですが、Modern Warfare3の MSRは逆の配色。
スコープがDEでスコープマウントがBK、しかもスコープマウントのノブ側の爪だけがDEになってます。



Modern Warfare3のPropとして外観イメージに拘るならこれも避けて通れない道。
スコープをチタンゴールドで、マウントをブラッセンのBKで塗りました。
ヤルッツェ・ブラッセン!




マウントはちゃんと爪の所だけDEを残しました。



銃本体を塗装した時に比べてやや光沢が強くなりすぎたので、フラットクリアを軽く吹いて質感を調整。



完成。









...チタンゴールドで塗装したために大分目立たなくなりましたが、ヤッパリARESの残念刻印が気になる...




過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

2013年11月09日

『あ、コイツタマ無しだ!』

ホントにビックリしましたよ。
(`・ω・´)シャキーン



先日入手してからウキウキワクワクと弄くり倒している ARES製 MSR338



漏れなく購入者に提供されるストック折りたたみ時のキズや微妙な茶色の塗装リペイントでクリアしました。

そして Modern Warfare3の Propとして外観を近づけるためにATLASタイプのバイポッドも調達

次に行うのはボルトハンドルの再塗装。
実はココもストック折りたたみ時に塗膜が削り取られてしまうのです。



用意した塗料は強固な染めで食い付きに定評があるブラッセン。



さっそくボルト後端の6角ネジを緩めてハンドルを取り外します。



先人の情報に従い、ボルト後端とハンドルの間に仕込まれたスプリングと鋼球を無くさないように慎重にレンチで緩めて...

アレ?
何も落ちてこない。

...!!!スプリングだけ入ってて鋼球が入ってない!!!



『このタマ無し野郎!』

ボルト操作では、スプリングの頭が鋼球代わりにクリック感を出してくれていたのでまったく気づきませんでした。
(`・ω・´)シャキーン

以前からARESには補修部品の提供依頼をしてまともな対応をして貰ったことないんだよなあ。
(対応に半年掛かったり、そのまま音信不通になったり...)

ヤフオクだと自転車用の径の大きいものばかり。

どなたか直径2.5mm位の鋼球、お手元に余ってませんか?
(`・ω・´)シャキーン
(救援求む)

しかし塗装はご覧のように素晴らしい仕上がりに。
ヤルッツェ・ブラッセン!




過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

2013年11月08日

『地味にパーツを奢る』



そんなワケで縁あって我が家に新たに配備されたARESのMSR338
微妙な塗装や傷問題も、リペイントで無事解決しました。



塗装に使用したチタンゴールドは Modern Warfare3を意識しての選択。



レミントン公式のMSR紹介3Dムービーの色合いに合わせることができました。
レミントン動画やMW3では、ストックの調整ダイヤルやレイルパーツも金色ですがそこは黒の方がアクセントになるので自粛。




Modern Warfare3のPropとして追求すると、スコープとスコープマウントの配色(現在はスコープが黒でマウントがDE。MW3は逆)が気になるところですが、この MSRは Ghost Recon Future Soldierの Propでもあるのでここはひとまず見送り。



代わりに、Modern Warfare3に登場する MSRの外観上の特徴、ATLASタイプのバイポッドを用意することにしました。




MSR338を手に入れた時点では、GG&Gタイプのバイポッドが付属しており、これはこれで非常に気に入っています。




Ghost Recon Future Soldierの Propとして楽しむ時にGG&Gタイプを使い、MW3の Propとして楽しむ時はATLASタイプに交換することにします。
(どっちも工具なしでワンタッチ交換できるので手軽)



思ったよりずっと仕上げが丁寧なモノが出てきてビックリしました。



ちょっと上等なカメラの3脚かと思う位にカッチリしてます。
仕上げが荒くて精度が低いハリスタイプのバイポッドレプリカに慣れてたせいかもしれませんが。



MSRのフロント下部の20mmレイルにバッチリ装着出来ました。





先日のACR に続いてMW3の Propを数年の時を越えてさらに充実させることができました。



...XM25出ないですかねぇ...


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

2013年11月07日

『劇的ビフォーアフター』

大変地味な手仕事でしたが効果抜群だったのです。
(`・ω・´)シャキーン



先日68000COMさんのご厚意でリーズナブルに入手したMSR338(DE)
私もご多分に漏れず微妙な色に悩んだわけであります。



レミントンの公式ページではDEというより茶色。



しかも実銃写真ではなく妙なベタ塗りCGイラストなので怪しさ満載です。
(所々画像がリンク切れのこのサイトは担当者不在っぽい)

元は同じCG素材と思われますが、壁紙版ではSCARで見慣れたもう少し普通のDEぽい感じに。



Youtubeの動画で見ることが出来る実銃はこんな感じで、やはりARESの塗装は少し茶色というか赤味が強すぎる気がします。



もっとも、今回 MSR338を手に入れたのは Modern Warfare3Ghost Recon Future Soldierの Propを目的としています。

MW3に登場した、戦場に何気に落ちてて拾うMSRはこんな感じ。





レミントンのMSR紹介動画はまさにこの色合い。
MW3の3Dモデリングで参考にされたと思われます。



Ghost Recon Future Soldierの方は、カスタマイズで色々迷彩を変更できますし、何しろPlay中はほとんど光学迷彩で透明。




そう言えば、キャンペーン冒頭に登場したMSRはDEでした。



となればここは Modern Warfare3の MSRをモチーフにして、レミントン動画のDEカラー



をイメージしてARESの MSR338のお化粧直しを企みたいと思います。

Modern Warfare2のACRの時も、ゲーム中のカラーリングの雰囲気を再現したくて、チタンシルバーと黒のツートン塗装を試みました。



今回、いくつかの塗料を検討しましたが、一番イメージが近いと感じたチタンゴールドを試してみます。
ストックを畳んだ際の傷や、目立つ微妙な刻印問題もこの塗装で解決するはず。



MSR338を塗装しやすい状態に分解します。
インディのダークアースみたいなことにはならないと思いますが、パーツ表面を拭いたあとにプライマーを吹きます。



プライマーが乾いたのを確認してからタミヤのチタンゴールドを吹いていきます。
厚塗りは控え、塗っては乾かし、塗っては乾かしを繰り返します。

チタンゴールドで塗装済みのフロントと、未塗装のレシーバー比較。
心配したほど派手な光沢は出なかったので、最後に予定していたフラットクリアでのコーティングは中止することにします。



完成。
ほぼレミントン動画のイメージ通りの色調に仕上がりました。





レーザー刻印も目立たなくなりました。
iPhone4のカメラの持病で、画像の中央付近が少し色合いが変わって映ってますが、実際は均一です。



ビフォー・アフター的にはこんな感じ。




スコープとスコープマウントの配色がMW3とは逆なのですが、個人的にコッチの方が好みなのでこれで良しとします。
そもそも ARESの MSR338は、本当はXM2010だし。



主武装 MSR、副武装 KRISS Vectorで安定感のあるPlayが可能に。





でもやっぱりバイポッドはATLASタイプが欲しいかな...




68000COMさん、今回はホントにありがとうございました。


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  


< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE