2015年07月24日

『完成画像置いときますね』

ここ数日仕事が押して Blog更新を休止してました。
具合が悪いわけではないのでご安心下さい。
₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ズイッズイッ

『戦闘妖精雪風ジオラマプロジェクト』を進めつつ、 同時進行の別プロジェクト No Easy Dayネタ HK416はどうにか完了しました。

別途 6年ぶりに我が家のアームド01にやまと 1/48 VF-1Jスーパーバルキリー(一条輝)を追加配備したのをキッカケに、活躍の機会を失っていたジャンク機たちの再生に取り組み開始。

そして...




過去記事一覧はコチラから。

ジャンクパーツの寄せ集めで、これまでアーマードバルキリーの芯にしていたやまと製 1/48 VF-1S。




VF-1Jの追加入手によって、劇場版マクロス「愛・おぼえていますか」に登場したアーマードバルキリーに換装。




そしてこれまでアーマードの芯にしていた半ジャンクの VF-1Sをリペイントして TV版マクロスに登場したブービーダックとして再生させることにしました。
後に劇場版マクロスで昇華した、スーパーバルキリーの元祖、始祖鳥的な機体。




この半ジャンクの VF-1Sは、前のオーナーが米海軍機仕様(架空)として、グレー1色にリペイントしていたもの。
翼端灯や編隊灯をクリアパーツ化したり、各所にディテールを追加したり、Pilotの両腕に表情を付けたりと、色々とカスタマイズされたアイテム。





しかし残念ながら頭部や変形機構の一部が劣化して破損。
別のジャンクから頭部と変形機構を移植して一応復活したものの、再塗装の手間に躊躇してカレコレ8年位?放置していました。
(当時エアブラシを持っていなかった)




戦闘妖精雪風プロジェクトで塗装済み完成品Toyが無い機体をプラモデルで製作・塗装した経験を活かし、ジャンクの VF-1Sをリペイントします。
関節などをマスキングして、TV版マクロスの VF-1Sっぽい、ややグレー掛かった白で全体を塗装。



次はイエロー部分を塗装。
エアブラシを使うので、最小限のマスキングで済むのがウレシイ。




続いて黒の部分。
これで基本塗装は終わりです。




塗装途中は完成時のイメージが湧かなくて、発色や塗り分け線などがうまくやれるかドキドキモノ。
マスキングテープを剥がせばこの通り。
うん、紛れも無くロイ・フォッカー・スペシャルです。




バーニア内部などの細部塗装の前に、戦闘機形態で仮組み。
大丈夫そうです。




細部塗装とスミ入れを実施。
スミ入れは賛否両論あるかと思いますが、バルキリーは機体のアクセスパネルがクッキリ出た方が好きなので、ガンダムマーカーのグレーでスミ入れします。



他のバルキリーで使わずに余っていたデカールを投入。
(このシリーズは、1枚で VF-1S・J・Aのどのタイプにも対応するデカールが付属するので、適用した機種以外のデカールが余っているのです)




先日入手した 一条輝 VF-1J スーパーバルキリーから、スーパーパックを貰い受けます。
TVでも映画でも、一条輝は VF-1Jの スーパーバルキリーには乗ってないので躊躇はありません。
TV版のスーパーパックは劇場版のブルーグレーと違って普通のグレーなのですが、今回は今後の流用の可能性も考えてリペイントしませんでした。




TV版のスーパーバルキリーが搭載する反応弾は弾頭が赤いので、こちらは大量に余ってるので今回の機体専用として 6個リペイントしました。



Pilotの TV版一条輝は、アーマードバルキリーの中に入れている VF-1Jから拝借。
劇場版 PilotはABS樹脂製なのですが TV版 Pilotは軟質樹脂に塗装してあるため、長期間乗せているとシートやキャノピーを溶かしてしまうので注意が必要です。



完成。
ジャンクとして何年も埃を被り、その後アーマードバルキリーの芯として苦節を重ねた VF-1Sは、TV版マクロスのスーパーバルキリー、ブービーダックとして復活しました。























1/48の存在感はやはり半端ありません。
今回ジャンクからの再生で、苦労を承知で塗装したワケですが、どうやら成功と言えそうです。

やまとが倒産してしまったのは実に残念ですね。
\( ˙-˙ )/

次は劇場版マクロスに登場した VF-1A 柿崎機をレストアします。
日焼けで黄変してもう大騒ぎ。



もしこの Blogをご覧の方で、ご不要のやまと 1/48 VF-1バルキリーをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ジャンクでも結構ですのでお譲りいただけないでしょうか。
共食いさせないともう部隊が維持できなくなっているのです。
_(   _ *`ω、)_




※Blog休止中も地味に色々遊んでましたので、興味のある方は Twitterをご参照ください。

過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは





同じカテゴリー(MACROSS)の記事画像
『年末のご挨拶』
『久々に本気出す。 ε٩( ºωº )۶з』
『逆転の発想』
『限界突破』
『映画で語られなかった物語』
『商品企画を通した人は凄いと思います』
同じカテゴリー(MACROSS)の記事
 『年末のご挨拶』 (2015-12-31 23:51)
 『久々に本気出す。 ε٩( ºωº )۶з』 (2015-09-13 23:50)
 『逆転の発想』 (2015-08-21 00:30)
 『限界突破』 (2015-08-18 23:59)
 『映画で語られなかった物語』 (2015-08-13 23:44)
 『商品企画を通した人は凄いと思います』 (2015-08-11 03:40)

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59 │Comments(2)MACROSS

この記事へのコメント
たしかタカトク?の初期の物が眠ってます♪
キャノピーが交換できないので飛行形態でもドクロのマークが、、、(^^ゞ
Posted by ヒカルヒカル at 2015年07月25日 02:21
タカトクの1/55スケールバルキリーは発売当時にSとJ買って持ってますw
バンダイ版?は別にキャノピーカバーが付いたはず。
ダイカストとABSで強度はケルカリア並みでしたwww


因みにやまと製は1/48アーマードパーツ、中古で赤A、赤S の二機

旧1/60オストリッチ、D型しか無いので自分も各種VFー1は目下捜索中ですwww
Posted by a.z.d at 2015年07月25日 17:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ

アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE