スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年10月18日

『超久々にFPSゲーム』

お久しぶりなの!(空元気
ヽ(^。^)ノ

こんなに仕事が押してくるとは夢にも思わず。
SilverWeekからコッチずっと仕事と格闘しておりました。

過去記事一覧はコチラから。

ようやく先週からスポット的に空き時間が取れるようになったので、超久々に FPSゲームに挑戦してみました。



遊んでみたのは ElectronicArtsの『StarWars Battle Front』のβテストです。
開発元は Medal of Honor: Warfighterと同じフロストバイト。

このゲームの一番の売りは 20 vs 20で帝国軍と反乱同盟軍に分かれて戦う対人戦です。
今夜ご紹介するのは惑星ホスの氷原を舞台とした「Warker Assault」モードです。



惑星ホスに設営された反乱同盟軍の拠点を、帝国軍が強襲しました。

2両の AT-AT歩行戦車を破壊して侵攻を阻止すれば反乱同盟軍の勝利。

帝国軍は AT-AT歩行戦車で同盟軍の発電施設を破壊すれば勝利です。
今回ご紹介する Play動画は反乱同盟軍側。



AT-AT歩行戦車は強力なシールドと装甲で守られているため、そのままでは反乱同盟軍の地上軍の兵器ではダメージを与えることができません。



上空待機中の Y-Wing飛行隊に AT-AT歩行戦車を爆撃して貰い、シールドが消失している間に全火力を集中して AT-AT歩行戦車の装甲を打ち破って破壊する必要があります。



Y-Wingに爆撃を要請するには、地上で起動した 2基のアップリンク施設を制圧下に置く必要があります。
(制圧時間が長ければ長いほど、より多くの Y-Wingを呼ぶことが可能)



帝国軍の侵攻状況によって前線が発電施設に近づくため、アップリンク施設の位置も更新されます。
(2基x3ゾーンで合計6基)

帝国軍はアップリンク施設を反乱同盟軍に使わせないことで、Y-Wingの襲来を妨害することができます。

『StarWars Battle Front』はかなり高スペックの PCを要求しており、私の PCは最低動作条件スレスレなのですが、「Walker Assault」はオブジェクトの少ない氷原のため、解像度を落としてかろうじてPlayできました。
(おそらくエンドアの森林戦とかは無理)

マッチ開始後、全力疾走で前線に出て帝国軍を待ち伏せたものの、いきなりダースベーダーに遭遇して瞬殺されたりもしましたが、その後はルーク・スカイウォーカーの援護などもあってそこそこ頑張れました。
(Kill/Death 17/4)





本当は X-Wingやスノースピーダーで Cockpit視点の空中戦もしたかったのですが、マウスやキーボード操作では旋回もままならないので諦めました。
(ゲームの製品版が出たら X-BOX360互換のコントローラーを繋いで試す予定)

次回は帝国軍側の Play動画をご紹介してみたいと思います。





※Blog休止中も地味に色々遊んでますので、興味のある方は Twitterをご参照ください。

過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 00:26Comments(0)STARWARS

2014年06月29日

『究極のハヤブサ』

また日付を遡ってコソーリ投稿していきます。
(ヽ´ω`)
ここ数日にアップした他の記事はコチラから。
コメント返しが全然出来なくてゴメンナサイ。



映画公開から26年経っても新作が出続けるSTARWARS ベーシックフィギュア

先日非常に良く出来た造形の帝国軍スキャニングクルーを調達したので、映画のこのシーンを再現してみました。




でも何かが足りない...背景がね!
そこで2008年発売の 『アルティメット ミレニアム・ファルコン』を3年振りに冷蔵庫の上から出動させることにしました。



しかし何しろ全長が80cm近くあるので、キッチンの出入口から出すのはちょっと困難な状態。
(内部にハン・ソロやチューバッカ、ルーク、レイア、オビ・ワン、C3PO、R2D2など多数のフィギュアを格納しているので水平状態を維持したい)

ちょっと強引ですが、今回はキッチンで撮影に及びました。



数年前の正月に、マンションの廊下でコソーリ ジオラマ撮影したのは今では( ・∀・)イイ!! 思い出です



全長80cmと言っても、フィギュアのスケールよりは小さめにデフォルメされているので搭乗タラップの寸法とかはいささか狭めですが...










うん、念願がまた一つ叶いました。

ついでと言ってはアレなのですが、『アルティメット ミレニアム・ファルコン』の魅力の片鱗を、画像と動画でお伝えしたいと思います。

凶悪な大きさの箱。



中はこんな状態。
機首部を組み立てると二度と分解できないようになってます。



操縦席周りはベーシックフィギュア搭載用に、大きめにデフォルメされています。




フィギュアに絡めてこんなシーンも再現可能です。




『アルティメット ミレニアム・ファルコン』には、サウンドと電飾のギミックが多数搭載されています。
エンジンをスタートすると、操縦席とヘッドライト、エンジンノズルが発光します。







エンジン始動、ハイパードライブ起動、TIEファイター襲来。



4連レーザーターレットは設定通り船体の上下にあるものの、縮尺が小さいので銃座は上側のみ。




TIEファイター迎撃シーケンスサウンド。


船体内には映画のシーンを再現した複数の区画があります。


船体を調査に来たスキャニングクルーをボコった時に隠れていた密輸用秘密倉庫。




リビング。



チェスシーンのサウンドと電飾ギミック。


ルークのフォース修行シーンのサウンドとギミック。


チューイがハイパードライブ修理中。



交代してR2D2が修理にトライ。



修理成功時のサウンドギミック。



メディカルベッド。



タラップと反対側の部分に搭載する脱出ポッド。



この『アルティメット・ミレニアム・ファルコン』、今は絶版でamazonでは5万円近いプレミア価格になってますが、たまにオークションで中古が2万円以下で出ることがあるので、興味のある方はお見逃しなく。
冷蔵庫の上が空いてれば置けるはずです。
(`・ω・´)シャキーン


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)STARWARS

2014年06月22日

『相棒が揃いました』

また日付を遡ってコソーリ投稿。
(ヽ´ω`)
引き続き最近入手したアイテムを画像でご報告して参ります。



映画公開から30年近く経っても新アイテムが出続ける STARWARS
先日ベーシックフィギュア用の X-wingの最新版を入手いたしました。

今回ご紹介するのはインペリアル・スキャニング・クルーの続報。
実はコレ、モミアゲの長い人と短い人の2バージョンの商品が用意されており、付属のスキャナー機器コンテナもそれぞれ上段・下段と別のパーツが付属しています。



前回入手したのはスキャナー下段が付属の方。



しかしコレでは劇中のこのシーンが再現できません。
(2名のスキャニング・クルーがミレニアム・ファルコンに持ち込むのはコンテナ上段)



商品注文時の写真ではコンテナ上段が写っていて、騙されて2個入手してしまいました。




このままでは目的が達成できないので、スキャナー上段が付属する方のスキャニング・クルーを e-bayで入手しました。




決定版とも言える最新の可動箇所と可動域、プロポーションを持ったストーム・トルーパーとセットで売られていました。



付属のハンドガンも、ストックが展開できるという芸の細かさ。




さて本命のスキャニング・クルー。
前回入手したバージョンと同じ素体で最高レベルの可動箇所・可動域。
顔だけ違ってます。



付属のスキャナー機器を収めたコンテナ上段は...
コレ、本当にSTARWARSの1作目(エピソード4)が好きな人が商品企画してますね。



コンテナ下段はキャスター付きで、上段は側面に掴み手が用意されています。
可動箇所の多さは、コンテナを映画のシーン同様に持たせる事を意図した設計と思って良さそうです。



今回セットで付いてきたストーム・トルーパーに、我が家のストックからもう一体を招集。
劇中シーンを再現してみました。




うん、何かが足りないですね...
どうやら3年ぶりに冷蔵庫の上からミレニアム・ファルコンを出動させる時が来たようです。
(`・ω・´)シャキーン



デス・スターに鹵獲されたミレニアム・ファルコンの船体をチェックするように命じられた帝国軍スキャニングクルー。
念願のジオラマはウルティメット・ミレニアム・ファルコンのギミック動画・レビューと併せ、あらためてご紹介したいと思います。


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)STARWARS

2014年06月20日

『黒服の士官』

また日付を遡ってコソーリ投稿。
仕事が立て込んでまた更新が滞っておりました。
(ヽ´ω`)

最近入手したアイテムを画像でご報告して参ります。



映画公開から30年近く経っても新アイテムが出続ける STARWARSのベーシックフィギュア。
先日 X-wingの最新版を入手いたしました。

従来手薄だった帝国軍のキャラクターを少し充実させたいと思い、デス・スターのモフ・ターキン提督パルパティーン皇帝インペリアル・スキャニングクルーを入手しています。

今回入手したのは『インペリアル・オフィサー』
帝国軍士官です。



ベーシックフィギュアの中では比較的古いアイテムのため、腕を後ろで組める点を除けばほぼ直立不動の素体。



髪がブロンドのバージョンと、ブラウンのバージョンをそれぞれ入手しました。



将来ジオラマ撮影する準備として、皇帝のインペリアル・シャトルがデス・スターIIに到着したシーンのデッキに置く士官は別途用意があるので、今回用意した2名はシャトルの搭乗員として投入。



操縦席の造形にも問題があるのですが、直立不動が前提の素体なのでちょっと座りが悪いのが難点。



両面テープで固定しますか...

アイテムの詳細レポートはもう少し余裕が出来てから。
その前にコメント返し出来る程度には復活したいものです。
 ('、3_ヽ)_


過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)STARWARS

2014年06月19日

『そして決定版へ』

風邪による頭痛やら地震やらでめっきり調子を崩しておりました。
(ヽ´ω`)
お陰さまでマンションのエアコン工事に伴う模様替えは終了しました。

ベランダに出したダンボール箱や小家具の処置に困り中。
(梅雨の割には大雨がなくて救われてます)

さて先日入手した2013年度版 ハズブロ(ケナー)製 ベーシックフィギュア用 X-wing

映画公開から26年経って、遂に決定版に巡り会えた気がします。
『6歳児以上向け』となっているのですが、明らかに映画公開当時に子供だった『大きいお友だち』を意識した製品。




かつては ルーク・スカイウォーカーのRed5が数種、Red Leaderの Red1ウェッジアンティルスの Red2がリリースされていましたが、塗装やステッカーの違いはあれど、モデリングは基本的に同じでした。

コクピットがバスタブ状態な点をいつも残念に感じていました。



帝国軍の TIEファイターの例だと、廉価版ビンテージ版があり、後者はコクピット周りが作り込まれていたので X-wingでもビンテージ版が出るといいのにと当時思ってました。




今回入手した 2013年版 X-wingはまさにその位置付け。
機首・胴体・コクピット周りは新造。
エンジンポッドと翼、レーザーは旧モデルからのマイナーチェンジ。





作り込まれたコンソールや操縦桿、シート、シート横のライトセイバーマウント、爆撃照準装置などなど。







ルーク・スカイウォーカーを着座させた時のリアルさは旧型とは比較になりません。





参考:旧型



コックピットの構造が劇中の実機に近づいたため、背部の窓もクリアパーツになってます。




機首の造形はより劇中のフォルムに近い形に変更され、引き込み式の前脚にはカバーが用意されました。



うん、でもこの独自ギミックのプロトン魚雷発射装置は要らなかった。
設定に忠実に、左右側面に発射口の再現をしてくれればよかったのに...



胴体中央下面にはサバイバルキットなどを収納する設定のコンパートメントが。
(特に嬉しくないギミック)




前述のように旧シリーズでは Red Leader、Red2、Red5がリリースされており、今回の2013年版はビッグス搭乗の Red3。
欠番を出すことで、旧シリーズを持っている人も買い増ししやすくしたと思うのですが、ここはやはり主人公の Red5で出すのが正解だったと思うのです。
(´・ω・`)

パッケージには凱旋したビッグスを出迎える主役級キャラの図が。
どう考えてもおかしいから。



翼とレーザーのパーツは、今回の2013年版も旧シリーズのX-wingと同規格なので、旧 Red5から翼とレーザーを拝借すれば手軽にルークのRed5に出来ますが...
今回は、自作デカールで翼の線を2本ずつ足して Red5に換装しました。
(`・ω・´)シャキーン



もうコレをやる気力は無いのですが...



コレ位ならまだやれるかも。





過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは  

Posted by 壁│' *)〆  at 23:59Comments(0)STARWARS

< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE