2012年11月09日

『Medal of Honor: Warfighter ソマリア海賊掃討作戦』

さて一昨日入手したPC用英語版 Medal of Honor: Warfighter
早速キャンペーンの触りをPlayしてみました。



今回はダウンロード版ではなくDVDメディアからのインストールですが、それでも違法コピー対策でOriginにプロダクトコードを送信しなければなりません。
お約束で11/15の日本語版発売までは、日本のIPアドレスではインストールもゲーム起動もできない仕様。
海外のVPNサービスを使用して、IPアドレスを米国にしてからインストール&ゲーム起動を行いました。
(11/15まではゲームの起動には毎回VPNの使用が必要です)



キャンペーンを始めて感じたのは、やっぱりBF系
そしてパクリどこかで見た演出の積み重ねといった印象です。
それでも第三者視点のGhost Recon Future Soldierをやり込みすぎてFPSに飢えている私には一服の清涼剤。

海外のゲーム情報サイトでは酷評されてますが...

最初と二番目のミッションはチュートリアルっぽい内容なので、今夜は本格的な部隊行動の3番目のミッションのPlay動画をご紹介してみます。

Shore Leaveステージ Play動画


このステージでは、PlayerはNavy Seals ネプチューンチームの「Stump」を演じます。
(質実剛健のがっしりした風貌は会社の元同僚の軍曹殿を想起させます。お元気だと良いのですが)



C-17輸送機の貨物室で待機するSealsネプチューンチーム。
タスクフォースMAKOに参加し、ソマリアの海賊拠点を強襲します。




夜明け前に降下ポイントに到着し、ゴムボート「ゾディアック」2隻を投下してC-17から海上へダイブ。




着水したネプチューンチームは、ゾディアックに搭乗してソマリアの海岸へ。
AH-64の支援を受けつつ強行上陸を図ります。



しかし拠点にはRPGを装備した海賊が多数展開しており、AH-64は安全圏へ退避。(え?)
CAS(Closed Air Support)を受けられず、ネプチューンチームは単独で上陸を敢行します。



上陸後は
1. 海賊と戦闘中の米海兵隊部隊を発見して支援する
2. 海賊のRPG部隊を排除する
のが主な任務です。

RPG部隊を排除すれば、AH-64とAH-6が拠点を攻撃して海賊達を殲滅してくれます。
...無人攻撃機プレデターとかリーパーの空爆でいいような気も...

海岸には海賊が待ち伏せており、チームリーダーの「Voodoo」からPlayer演じる「Stump」に前進する味方の援護が命じられます。
「Stump」の武装はT-1ドットサイトとブースター、CTR可変ストック、MAGPULマガジン、ナイツフォアグリップ、MAGPUL BUIS搭載のLarue OBR5.56ライフル
※パイパーさんから情報をいただきました





味方が海岸の岩陰から海岸に向け前進した時点で、海岸に隠れた海賊たちが発砲してきます。
...味方は遮蔽物に篭ってあまり反撃しません...
仕方ないので遮蔽物からリーンして、海岸に展開した海賊達を一人、また一人と倒します。




海岸に展開した敵の掃討に成功。
建物の2階の窓の狙撃者を一掃すると「Voodoo」が窓に手榴弾を投げて建物内に突入。
続いて突入して階段から2Fに上がり、奥のドアをブリーチングします。
(最近のミリタリーゲームでお馴染みの演出)






室内の敵の掃討に成功しますが、その先の建物に展開した多数の海賊から激しい銃火を浴びせられます。




ひとしきり狙撃で対抗したあと、レーザー照射装置LTLMを装備して敵が展開する建物に照射。
後方の味方からの支援攻撃を誘導します。
激しい砲撃。




建物に展開していた海賊は全滅し、チームは半ば崩壊した建物に侵入。
海兵隊が海賊達と交戦しているエリアへに向かいます。



ここでPlayerは、M240とグレネードランチャーを装備したキャタピラ駆動の「bot」(無人地上ビークルUGV)を操作します。
MW3の影響を色濃く受けてる感じですね。



でも海岸からの上陸時にこんな装備を持ち込んではいなかっ(ry
...まあいいか。

遭遇した敵をM240の斉射で掃討しつつ前進。
UGVは瓦礫を抜け、海賊達の激しい攻撃に釘付けになっている海兵隊と合流します。




武装を40mmグレネードにスイッチ。
海賊が展開する建物に連射。
敵が怯む隙に海兵隊より前方に出てガンガン攻撃します。



しかしグレネードを撃ちこんでも絶対に倒せない敵が居てあえなく玉砕。
(確かにUGVの活躍でミッションが終わっても困る)



再び「Stump」視点に戻り、UGVで偵察したルートで海兵隊の支援に向かいます。



途中のドアをブリーチング。




室内の敵を一掃しますが、道路を挟んだ向かいの建物に多数の敵。
ネプチューンチームは窓越しに激しい銃撃戦を行います。



最大の脅威のRPG兵を倒し、後は敵の数を減らすと「Voodoo」が階段へ続くドアを開けて前進。



壊れた階段から1Fに降り、海兵隊がいる道路まで前進しようとすると海賊のテクニカルが襲来。
道路の反対側の建物を抜けて迂回し、テクニカルの機銃手を倒します。





お約束でテクニカルの機銃に取り付き、建物に展開する海賊達を掃射。
海兵隊を釘付けにしていた海賊達を撃退します。



後退した敵を追って前進。
別のテクニカルが接近しますがこれは味方が無力化。



閉じられたドアをブリーチング。
室内の海賊を一掃します。




「Voodoo」と共に階段から上階に移動。
味方の航空部隊の脅威となっている海賊のRPG部隊の排除に着手します。



...そのボルトアクションライフルどこから出した...



「Voodoo」が観測員となり、狙撃すべき脅威度の高い海賊をピックアップしてくれます。



Medal of Honor: Warfighterでは距離に応じて弾道がドロップするので、スコープのゲージを参考に見越し射撃が必要です。
狙撃。
RPG装備の敵を一人、また一人と排除していきます。




海賊達にこちらの位置を悟られて反撃が来ますが、RPGを撃ち込まれる前にかろうじて制圧。
RPGの脅威が減ったのを察したAH-6攻撃ヘリが突入してミニガンで海賊達へ攻撃を開始してくれました。



こちらも現れた新手のRPG兵を狙撃で倒します。



RPG兵が完全に排除された事を確認して、ようやくCAS部隊の本隊であるAH-64部隊が海賊の拠点上空に侵入。
機関砲とロケット弾による圧倒的な火力で海賊の拠点を一掃しました。





作戦はタスクフォースMAKO、Sealsネプチューンチームの活躍で成功裏に幕を閉じました。

Medal of Honor: Warfighter "Shore Leave"ミッションはいかかでしたでしょうか?
海外のレビューサイトではどちらかというと否定的なレビューが多い本作ですが、個人的には今回の"Shore Leave"ミッションと、その後の"Hot Pursuit"ミッションだけでも購入の価値はありました。

"Hot Pursuit"ミッションのご紹介はまたあらためて。

D-boysのMk12 Mod0を買ってLarue OBRライフルの代替えPropを組もうか悩み中です。
T-1ドットサイトとブースター、CTR可変ストック&ストックパイプ、ガスブロック、ハンドガードに増設するフォアグリップ用アンダーレイルとか、結構アフターパーツが必要であります。

...とりあえずは手持ちのMk12 Mod1で...



過去のBlog記事はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★ピックアップ★
STARWARSベーシックフィギュアの集大成ジオラマ
・HK416用 M320グレネードランチャー(後でDXバージョンを見つけてまた買うとは思いませんでした)
・HALO Reach Real Noble-Six
・STARWARSベーシックフィギュア用
  X-wing Red小隊を再現
  Snow Speeder (プロポーションバッチリです)
  TIEインターセプター エリート(ソーラーパネルの赤ラインには賛否あると思います)
  TIEボンバー(ウエザリングが秀逸)
  TIEアドバンスド(カッチリした出来で満足)
  TIE Fighterビンテージ(凄すぎ)
  B-wing(デカイ...でも弱い...)
  A-wing(最近の限定仕様だそうで)
  TIE Fighter
  TIE Interceptor
  Y-wing (老兵やはり外せず)
  アルティメット ミレニアム・ファルコン (究極)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備)
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは)





同じカテゴリー(Medal of Honor: Warfighter)の記事画像
『MP7A1(7年前のFPS)』
『MOHW: プリーチャー補完計画』
『これが最後の1個』
『ここに来るまで一年三ヶ月』
『アンビセレクタの逆襲』
『ロットの違いと言うオチ』
同じカテゴリー(Medal of Honor: Warfighter)の記事
 『MP7A1(7年前のFPS)』 (2015-01-29 23:59)
 『MOHW: プリーチャー補完計画』 (2014-09-29 23:59)
 『これが最後の1個』 (2014-09-18 23:59)
 『ここに来るまで一年三ヶ月』 (2014-09-17 23:50)
 『アンビセレクタの逆襲』 (2014-07-08 23:59)
 『ロットの違いと言うオチ』 (2014-07-04 23:58)

Posted by 壁│' *)〆  at 23:40 │Comments(4)Medal of Honor: Warfighter

この記事へのコメント
はじめまして

SPRではなくラルーのOBRですよ
Posted by パイパー at 2012年11月10日 00:39
なんか凄く好みっぽいんですけど、評判悪いんですかコレ。なんでだろ。
Posted by 68000COM at 2012年11月10日 01:10
>パイパー さん

どもです。

あ、ホントだ。
情報ありがとうございます。

コレ
http://www.darkfigures.com/sostusete6op.html
でSEALsというとMk12って先入観持ってました。
Posted by 壁│' *)〆壁│' *)〆 at 2012年11月10日 06:19
>68000COM さん

どもです。

「やっつけ仕事」とか「シナリオが最低」とか言われてますね。
今回の Shore Leaveは、ブリーチング→室内の敵を倒す→その先に敵が沢山
の繰り返しが気になりました。

あとUGVはいらなかったと思います。

個人的にはSniper Ghost WarriorをPlayした後は大抵のコトは許せるようになりましたので許容範囲内です。
Posted by 壁│' *)〆壁│' *)〆 at 2012年11月10日 06:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ

アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE