2011年07月20日

『帝国(TIEファイター)の逆襲』

先日ご紹介したA-wing
実は大元の商品はかなり微妙なシロモノだったそうで、私が手に入れたのはCockpitと付属フィギュアがリニューアルされた最近の限定版でした。

そうか...きっと最近の上位版は、昔子供だった大人達への贈り物なんだな...

...そんなワケで...限定版のA-wing同様に、Cockpit周りが尋常じゃなくリアルにリファインされたと噂の、帝国軍TIEファイター、ビンテージバージョンを我が家のデス・スターに配備しました。
安価版の倍近いお値段ですが後悔はしていません。



パッケージは前回入手した30周年記念の安価版と同様、完全に箱でカバーされており、旧シリーズのように実物をブリスター越しに確認することができません。



しかしパッケージには商品の特徴を伝える写真が用意されています。
ご覧ください。TIEファイターを手に持った少年の満面の笑み



翼の爆散機能で大変楽しそうに...そんなワケあるかー!ヽ(`Д´)ノ



さて、肝心の中身。
驚いたことに、整形色は淡いブルー。




TIEインターセプターや、ダースベーダー卿のTIEアドバンスト(後日ご紹介いたします)ほど濃い水色では無いのですが、安価版の白い機体とは印象が異なります。

これでは安価版と並べて2機編隊を再現しにくい...
でもなぜかどっちのTIEファイターも、他の機体のようなウエザリングが施されていないんですよね。



エピソード4、デス・スター表面排熱溝でのX-wing追撃戦で、ダースベーダーTIEアドバンストと組み合わせるなら今回のビンテージ版、淡いブルーのTIEファイターが似合いそうです。
(いや、TIEアドバンストの成型色が劇中通り白なら安価版の方で合うんですけどね)



さて、整形色のハナシはその位にして、ヴィンテージ版独特の造形について。

まず機体ポッド正面下部のレーザー砲が一段引き出せるようになっています。
Cockpitの窓越しにすでにCockpitの作り込みの拘りを見ることができます。



Cockpitハッチの開閉方法は、廉価版は横開きでしたがビンテージ版は後ろへ跳ね上げる方式。
開けてみると...




操縦席は真面目にコンパートメント状に造形されており、側面はシールで電装関係を再現。
リアルな操縦桿とシートが用意され、TIEパイロット(残念ながらやっぱり別売)を搭乗させると、先日のA-wingと同じリアルな搭乗姿勢を再現できます...




うーん。既存のラインナップを全部このテイストでリニューアルしてくれればいいのに。
ちなみにCockpit周りを新旧比較するとこんな感じです。



次回はまたTIE系列で。


これまでの投稿はこちらでサムネイルから閲覧いただけます。

★物欲警報★
・フルタの食玩STARWARSビーグル
・STARWARSベーシックフィギュア用、B-wing(デカイ...でも弱い...)
・STARWARSベーシックフィギュア用、A-wing(屈指の出来なのですが、旧作の電飾を廃してCockpitを新造した最近の限定仕様だそうで)
・STARWARSベーシックフィギュア用、TIE Fighter
・STARWARSベーシックフィギュア用、TIE Interceptor
・STARWARSベーシックフィギュア用、Y-wing (それなりなんですがやはり外せず
・STARWARSベーシックフィギュア用、アルティメット ミレニアム・ファルコン (デカ過ぎました
・STARWARSベーシックフィギュア、エピソード4 YAVIN格納庫再現用 C3PO・レイア姫・ハンソロ・チューバッカ(オビ・ワン・ケノービや柔道着のルークも来たよ!)
1/16 Fire Ballの3機小隊を配備したい...(→結局配備しました)
・複数種類出ていたSTARWARSベーシックフィギュア、X-wing Pilot仕様ルーク・スカイウォーカーの違いを知りたい...→知って深みにハマりました。
・小さ目のリアルプロポーションX-wing(Red5)のProp → 夢のようなハズブロ社製アイテムを頂戴しました!
サイレンサー付きのSR-25(まさかSIG552みたいに2丁買うとは)
東京マルイSIG552+RASの2丁目(だってビショップのACOG版とローガンのC-more版で2丁必要なのです)
ARES WA2000(思ってたよりずっと良いです。木製ストックが最高)
UFCガンラック(やっと5個完成)
ICS製SIG552用ダミーカート入りマガジン(まさかダミーカートを自分で塗装する羽目になるとは)
・落ちにくい動画サーバー(現在heteml.jpを試用中)





同じカテゴリー(STARWARS)の記事画像
『超久々にFPSゲーム』
『究極のハヤブサ』
『相棒が揃いました』
『黒服の士官』
『そして決定版へ』
『完結したはずだったのに...』
同じカテゴリー(STARWARS)の記事
 『超久々にFPSゲーム』 (2015-10-18 00:26)
 『究極のハヤブサ』 (2014-06-29 23:59)
 『相棒が揃いました』 (2014-06-22 23:59)
 『黒服の士官』 (2014-06-20 23:59)
 『そして決定版へ』 (2014-06-19 23:59)
 『完結したはずだったのに...』 (2014-06-17 23:59)

Posted by 壁│' *)〆  at 23:58 │Comments(2)STARWARS

この記事へのコメント
TIEファイターは大抵汚れる前に撃墜されてしまうのでウェザリングがされてないとプラモ誌の記事かなにかで読んだことがあります。
Posted by ワタナベ at 2011年07月21日 23:34
>ワタナベさん

どもです。
実は30周年版のTIE BOMBERにはウエザリングとマーキングが施されていたりします。
しかも色は白だし。
どうしたら良いのか...

...安価版の白いTIEとコンビを組ませる手がありました。
Posted by 壁│' *)壁│' *) at 2011年07月22日 00:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール
壁│' *)〆
壁│' *)〆
FPS大好きなお座敷シューターです。
GRAW・GRAW2
Rainvow-Six Vegas・Vegas2
Call of Duty MW・MW2
あたりが大好き。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
オーナーへメッセージ

アクセスカウンタ
過去記事
QRコード
QRCODE